9月22日(火) | 滝野川6丁目11−9

Musica Commons Vol.1 "アルゼンチン現代フォルクローレ作曲家カルロス・アギーレの音楽を聴く会"

現代フォルクローレを代表する作曲家カルロス・アギーレの足跡と音楽を紹介!風や大地、水辺といった南米の豊かな自然を感じる音楽世界観を体感して頂くCDの試聴会とトークのイベントです♪
お申し込みの受付は終了しました。
Musica Commons Vol.1 "アルゼンチン現代フォルクローレ作曲家カルロス・アギーレの音楽を聴く会"

日時・場所

2020年9月22日 14:00 – 15:00
滝野川6丁目11−9, 日本、〒114-0023 東京都北区滝野川6丁目11−9

イベントについて

 アルゼンチン音楽と聞くと、皆さんはどのような音楽を連想するでしょうか。

情熱的なタンゴ、あるいはアンデス山脈の風景、"コンドルは飛んでいく"のようなフォルクローレの響きetc…

現代のフォルクローレは、そのようなアルゼンチンの伝統音楽を基にしながら、

ジャズやクラシック、ロック等の音楽的要素がブレンドされたとてもユニークな音楽です。

今回、Musica Commons第一回目の特集は、現代フォルクローレを代表する作曲家カルロス・アギーレの足跡と音楽を

紹介させて頂き、風や大地、水辺といった南米の豊かな自然を感じる音楽世界観を体感して頂く

CDの試聴会とトークのイベントです。

試聴会といっても、固い内容ではなく、おすすめの音楽を皆さんとゆったり聴きながら、

日々の疲れを癒して頂いたり、新しい音楽との出会いを楽しんでいただく機会になれたらと思っています。

■参加費

無料になりました

■対象

ジャンルを問わず音楽全般に興味のある方

アルゼンチン音楽や南米文化に興味のある方

新しい音楽に出会いたい方

年齢や性別は不問です

お一人様のご参加、ご友人の方とのご参加も歓迎

※試聴会のため、音楽を聴く時間が多いイベントです。

小さなお子様をお連れになる場合は、周りのお客様にご配慮頂けますようお願いいたします。

■定員

10〜15名程度

■持ち物

ウィルス感染予防のため、マスク着用と水分補給用のドリンクをご持参下さいませ。

■主催者

和田 俊介

音楽愛好家/レコードコレクター/会社員(美術関係会社勤務)

1984年 千葉県出身

明治学院大学文学部芸術学科卒業

幼い頃より実家にある何千枚もあるCDやレコードを聴きながら育つ。音楽一家の家庭に生まれたため、ピアノは母親に習い、最初のライブ体験は小学4年生のときに観た小坂忠のチャペルコンサートや坂本龍一のコンサート。普段からジャンルを問わず様々な音楽を聴いていますが、最近はブラジルやアルゼンチン等の南米音楽、スペインのカタルーニャの音楽に興味を持っています。また、仕事柄、音楽だけでなく美術や映画、舞台芸術にも関心があり、持ち前の浅く広さで、色々なおすすめ情報を発信していきたいと思います。今後、二ヶ月に一回程度のペースで世界の様々な音楽の試聴イベント、Musica Commonsを企画していく予定。

▼ご予約&お問い合わせ先▼

dodeskaden-ms28@i.softbank.jp

090-7223-6590

このイベントをシェア